【無料】Yahoo路線情報なら電車・バスの乗換案内、時刻表の検索OK!

スポンサーリンク

ヤフー路線情報

電車やバスの「乗換案内」を調べたい人必見!

乗換案内サービスはジョルダンや駅探などがありますが、Yahoo!の提供するYahoo!路線情報が駅名、バス停、住所、施設名でも検索ができ使いやすくて便利です。

さらにYahoo!乗換案内アプリならスマホでさくさく検索OK!すべての機能が無料です。

早速、ヤフーの「乗換案内」で検索するならこちら!
https://transit.yahoo.co.jp/

Yahoo!路線情報「乗換案内」の便利な使い方

乗り換え案内と言えば、出発の駅名と到着の駅名を入れて検索するイメージですが、ヤフーの乗換案内では電車だけではなくバス停名や住所、施設名を入れて検索することが可能です。

電車だけでなく、路線バス、高速バス、飛行機、新幹線、有料特急、フェリーなどの手段から最適な路線を一発で表示してくれます。

便利な使い方1)住所で検索

住所で検索

出発に「自分の家の住所を入れる」
到着に「目的地の住所を入れる」

こうすることで、最寄のバス停までの時間~出発する駅の時刻表、到着駅までの乗換案内~目的地までのルートを全て検索することが出来ます。

地下鉄を使う場合は、「目的地へ行くにはどの出口で出ればいいのか?」も表示してくれるため駅~駅で検索するよりも分かりやすく迷子になりません。

さっそくYahoo!の乗換案内を利用する!
https://transit.yahoo.co.jp/


検索時の小技で乗換時間に余裕をプラス!

また、検索する際に条件で下記の歩く速度を選ぶことが出来ます。

・急いで…乗車位置や階段、改札口を熟知し、最短で移動できる人
・少し急いで…乗換ルートをおおむね理解し、迷わず移動できる人
・少しゆっくり…案内板がないと迷う可能性がある人、数分程度の遅延を考慮したい人
・ゆっくり…初めての人や切符購入時間、スーツケース、ベビーカーを考慮したい人

自分に合わせた時間(歩く速度)で検索できるので便利です。

「目的地までトータルどれくらいの時間が掛かるか知りたい!」

といった時にも大体の移動時間や移動内容を把握できるため、自分の歩くスピードに合わせた時間配分ができ余裕が生まれます。

便利な使い方2)始発・終電・現在時刻

終電始発現在時刻で検索

「始発で行くと何時に出ればいいのか?」
「今日は飲み会だから終電の時間を知っておきたい」
「急いでるから現在時刻で結果をすぐ知りたい!」

時刻表を今すぐ知りたい場合と、前もって知っておきたい場合、時と場合によりさまざまですよね。

Yahoo!路線の乗り換え案内なら日付をいれ、始発や終電にチェックを入れるだけで検索したルートの知りたい時刻を表示してくれます。

現在時刻に関しては、PC版のヤフー路線情報では検索ができませんがスマホアプリのヤフー乗換案内アプリであれば現在時刻をクリックするだけで直ぐに表示が可能です。

また、出発時間だけではなく到着時間でも検索が出来るので予定に合わせた検索が可能です。

便利な使い方3)運行情報、駅情報、時刻表を活用

運行状況、駅情報、時刻表

ヤフー路線情報では、乗換案内のほかに遅延や事故などの運行情報や地図を表示できる駅情報、時刻表などを表示することが出来ます。

遅延している場合などは、リアルタイムのつぶやきが見れるので路線の運転見合わせや再開などの状況を正確に把握することが出来ます。

駅情報では、検索した駅の周辺の地図が表示され、グルメやホテル、コンビニといったスポットの表示やよく検索されている検索急上昇スポットの表示、駅の設備などが表示されます。

初めて行く駅などは前もって駅情報で確認しておくことが出来るので便利です。

また、駅情報から時刻表を表示することが出来ますし、ダイレクトに時刻表のタブから検索も可能です。

表示された時刻をクリックすることで停車駅も表示OK!区間の所要時間も表示され各駅を目的地として登録することも可能です。

ちなみに時刻表は、電車や新幹線、飛行機の表示が可能です。各路線バスの時刻表は一覧として表示することが出来ませんが、路線バスの乗換案内で時刻表の検索は可能です。

Yahoo!路線情報で時刻表を確認するならこちら
https://transit.yahoo.co.jp/



Yahoo!路線情報の乗換案内アプリ!

乗換案内アプリ

PCやWEB上で時刻表や乗り換え案内を検索することもできますが、直ぐにささっと表示させるにはスマホアプリの乗換案内アプリをダウンロードしておくのが便利です。

・表示広告は1つ
・すべての機能を無料で使える
・アプリが軽いのでさくさく使える
・Yahoo!JAPAN IDでログインすればより便利に!

などなど、わずらわしい広告表示は1つなのであまり気になりませんし有料版へ案内されることもなくストレスがほとんど掛かりません。

また、ヤフージャパンID(無料)でログインすれば運行状況(鉄道の遅延や運休)をプッシュ通信やメール通知などに対応できます。通知路線も10路線まで登録できます。

他にも

・定期代考慮検索
・ルートメモクラウド共有
・時刻指定で迂回路検索
・機種変してもデータそのまま

などなど、IDログインをするだけで便利に使える機能が増えます。もちろんID登録は無料!取得も直ぐに取れるので簡単です。

さっそくヤフー乗換案内アプリをダウンロードする!
https://transit.yahoo.co.jp/smartphone/app/

乗換案内アプリの評価されるところとは?

乗り換えアプリの評価される所

ヤフー乗換案内アプリの便利さと言えば、検索結果画面から出来ることが多いことです。

出発~到着を入力し検索を押すとまず結果が表示されます。

・「時間が早い順」「乗り換え回数が楽な順」「料金が安い順」で並び替えOK
・「1本前」「1本後」の電車などがワンタップで表示OK
・条件を変更して再検索も画面一番下より可能

など、やはり1本前の電車、1本後の電車が瞬時に表示できるのは便利です。

そして結果は6件表示されるので、自分に最適なものを選び「>」を押すことでその経路の詳細が表示されます。

・合計金額、乗換数、距離を表示
・乗換時のための乗車位置を表示(階段、エスカレーター等)
発車の番線、到着の番線が表示される
・途中に通過する駅を全て表示可能
・ルートメモで、気になるルートをそのままメモ(圏外でも閲覧可)
・スクショで、結果を即座に撮影(画像フォルダから確認OK)
・アラーム登録で、乗降の際にアラーム(バイブ)でお知らせ
・検索結果の路線図を表示OK
・最寄り駅から再検索OK
目的地を追加し、出口や徒歩ルートの表示も可能

などなど、出来ることが沢山あります。

特に乗換時の乗車位置が表示されるのが便利で、電車の前や後ろ、中ほどなど何処に乗れば一番簡単に乗換が出来るか?というのが前もって分かっていると安心です。

また、到着番線や発車番線も表示してくれるので初めて乗る電車や鉄道など、迷子にならずに乗車することができます。

そして、駅~駅で検索した後からでも「目的地」を追加することで最寄の出口や徒歩のルート表示などが出来るため乗換案内だけでなく、ナビマップとしても使えるので便利です。

ヤフーの乗換案内アプリをダウンロードするならこちら
https://blog-transit.yahoo.co.jp/congestion/


NEW機能「異常混雑予報」!

異常混雑予報

ヤフーの乗換アプリの良い所は、機能のアップデートや更新が頻繁に行われることです。

使うたびにどんどん便利になっていくので、欲しい機能が追加されるのも時間の問題かもしれません。

まだ全てに対応しているわけではありませんが、目的地を会社名や電話番号で検索できるようにもなってきています。

そして「異常混雑予報」機能が追加されることで、混雑するルートを事前に知ることができ回避ルートも表示することが出来ます。

2018年4月現在の対応路線は26路線。

東京メトロ

半蔵門線
南北線
東西線
銀座線
丸ノ内線
千代田線
有楽町線
副都心線

JR東日本

山手線
中央総武線(各停)
総武線(快速)
埼京川越線
京葉線
京浜東北根岸線
湘南新宿ライン
中央線(快速)
横浜線

都営地下鉄

大江戸線
三田線
新宿線
私鉄
京王線
東急田園都市線
東急東横線
小田急小田原線
ゆりかもめ線
りんかい線

自分がいつも利用している路線で、急に混んできた理由(コンサートや花火大会、イベントがあった等)も知ることが出来ます。

Yahoo!乗換案内アプリをダウンロードするだけでこの機能も無料で使えますのでまずはダウンロードをしてみてください。

Yahoo!乗換案内アプリのダウンロードはこちら
https://blog-transit.yahoo.co.jp/congestion/

他にもあります!乗換案内アプリ

乗り換えアプリ

Yahoo!乗換案内以外にも乗換アプリは多数あります。それぞれメリットデメリットを簡単にまとめてみましたので参考にしてください。

ジョルダン乗換案内

<メリット>
・バスの時刻表も一覧表示できる(ヤフーは未対応)
・路線図から直接、出発・到着を指定することができる

<デメリット>
・ダイヤ改正の対応が遅れることがある
・有料版があり、有料版への案内が多い
・無料版ではすべての機能が使えない

乗換ナビタイム(NAVITAIME)

<メリット>
・使いやすい、シンプル

<デメリット>
・無料版で出来る範囲が狭い
・何かと有料版(課金)しないと見れない機能が多い
・広告表示が多め
・バス乗り換えと、電車乗り換えを一緒に検索できない

アプリの使い勝手は人それぞれにはなりますが、ヤフーの場合はすべての機能が無料というのがやはり大きいかと思います。

まずは実際に使ってみてください。

Yahoo!乗換案内アプリのダウンロードはこちら
https://transit.yahoo.co.jp/smartphone/app/


まとめ

電車やバスに乗る時に、時間通り迷わず目的地へ到着するためにも乗換えアプリは必須ですよね。

私もヤフーの乗換えアプリを使っていますが、初めて行く場所でも迷わずに案内してもらえるので電車に乗る時に無くてはならない存在となっています。

また、パソコンから乗り換え内容を検索したい時もあります。

そんな時は検索画面から「ヤフー路線」と打ってサイトを表示させることが出来ます。

なお、ブラウザのTOPページにヤフーのTOPページを登録している場合は左メニューの主なサービスから「路線」をクリックすればヤフー路線情報のサイトに飛ぶことが出来ます。

私もジョルダン、ナビタイムと他の乗換案内を利用したことがありますがイマイチ合わずにやめてしまいました。

あなたも実際に使ってみないと合う、合わないがあるかと思いますのでまずはヤフー路線情報から使ってみてください!

ヤフー路線情報(WEB版)はこちら
https://transit.yahoo.co.jp/

【PR】高速バス・夜行バスを検索するならこちら!
バスリザーブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする