iTunesの最新版を無料ダウンロード!インストールのやり方まとめ

スポンサーリンク

iTunes

iTunes(アイチューンズ)があれば、お手持ちのパソコンに音楽や映画、ミュージックビデオなどをダウンロードしたり自分だけのプレイリストを作成したりできます。

・Mac
・Windowsパソコン

どちらでもカンタンに無料でダウンロード&インストールが可能

iTunesとiPhoneやiPad、iPodなどを同期すれば音楽リストを持ち運ぶことが可能なので、いつもの電車や通勤・通学時間、移動時間が楽しくなること間違いなし!

さらに、iPhoneなどのバックアップとしても使えます。

アップル製品を購入したらiTunes(アイチューンズ)を無料ダウンロードしましょう!

さっそく「無料」でiTunesをダウンロード!

iTunesダウンロード

ダウンロードは1分ほどで出来ます。

1)インストールしたいパソコンでiTunes ダウンロードページを開く
2)「今すぐダウンロード」ボタンを押す
3)ファイルがダウンロードされます

この3ステップでダウンロードは完了です。

※クロームを使っている場合は、勝手に保存されます。左下にダウンロードされたファイルが表示されるのでクリックしましょう。

※IEを使っている場合は、保存先を聞かれるので「名前を付けて保存」をしデスクトップなどに保存すると分かりやすいです。

iTunesの無料ダウンロードはこちら!
https://www.apple.com/jp/itunes/download/



ダウンロードのあとはインストール!

続いて、iTunesを使えるようにするためインストールを行います。

1)ダウンロードされた.exeファイル(実行ファイル)をダブルクリック
2)実行ボタンを押す
3)「iTunes へようこそ」が表示され次へを押す
4)iTunesの言語を日本語に設定し、インストールを押す
5)インストールが完了したら「完了」ボタンを押す

以上であなたのパソコンにiTunesがインストールされました。早速使ってみましょう!

iTunesの使い方【同期の方法】

iTunes同期する方法

さっそくiTunesを立ち上げてお手持ちのiPhoneやiPad、iPodと同期をしましょう!

その前にiTunes側で設定が必要なので手順を記載します。

1)iTunesのアイコンをダブルクリック
2)「iTunes ソフトウェア使用許諾契約」を確認し同意するを押す
3)ようこそ画面で「同意します」ボタンを押す

これで使えるようになりましたが、お手持ちのiOSデバイスと同期する前に「iTunesの自動同期の設定を停止」させておきましょう。

※自動同期がオンになっていると、パソコン内のデータが勝手に上書きされ古いデータになってしまったり上書きしたくないデータを上書きしてしまうことがありますので注意が必要です。

iTunesの自動同期の設定を停止する方法

1)上のタブの「編集」>「設定」を順番に押す
2)上のイラストで「デバイス」をクリック
3)iPod、iPhone、および iPad を自動的に同期しないにチェックを入れ、OKを押す

以上で自動同期が停止できます
これで勝手に上書きして大切なデータを消してしまう心配がありません。

その後の手順は、

4)USBケーブルを使ってパソコンとiOSデバイスをつなぐ
5)ドライバが自動的にインストールされ
6)新しいiPhoneへようこそ画面で、続けるボタンを押す
7)iTunesと同期画面で、開始を押す
8)概要画面が出たら完了

以上であなたのiPhone(お手持ちのiOSデバイス)とiTunesを同期することができました。

iTunesのミュージックやムービーなどをデバイスに同期したい場合は、左メニューの該当するものをクリックし同期を実行します。

iTunesの使い方【バックアップ】

iTunesバックアップ

新しいiPhoneに買い換える時や、iPhoneのデータのバックアップを取っておきたい時にiCloud(アイクラウド)の他にiTunesでもバックアップを取っておくことが可能です。

パソコンの中にデータが残るので買い替え時もデータが消える不安もなく、直ぐに復元が出来るので安心です。

ここではiTunesを使ったバックアップ方法を説明します。

1)iTunesを開き、iPhoneなどデバイスとUSBでつなぐ
2)パスコード入力や信頼しますか?が出たら案内に従って操作
3)iTunesの左上らへんにデバイスが表示されたらクリック
4)手動でバックアップ/復元の「今すぐバックアップ」を押す
5)完了

これでお使いのコンピューターの中にバックアップが保存されます。

新しいデバイスを購入した後、iTunesをつなげば同じ画面から「バックアップを復元」が可能です。

買い替えの際は、iTunesとiCloudの両方でバックアップを取っておくとさらに安心です。


iTunesの使い方【Wi-Fi経由で同期したい時】

iTunesのWi-Fiバックアップ

USBケーブルがあればカンタンに同期することができますが、充電用とパソコン用と何個も用意していない場合は挿したり抜いたりUSBケーブルの移動が面倒ですよね。

そんな時にはWi-Fi経由で同期する設定にしておけばUSBケーブルいらずで同期が可能です。

残念なことに、初回の同期は必ずUSBケーブルが必要になるので設定後から使えるようになります。

設定の方法は下記の通りです!

1)USBケーブルでデバイスとパソコンをつなぐ
2)iTunes上に表示されたデバイスをクリック
3)概要画面から下にスクロールする
4)オプションの「Wi-Fi経由でこのiPhone(デバイス)と同期」にチェック
5)適用>終了の順でボタンを押す
6)USBケーブルを外す
7)Wi-Fi経由で同期完了

これをしておくと、パソコンを立ち上げている時にデバイスを勝手にiTunesが認識してくれます。

自動同期になっているとUSBにつながなくても勝手に上書きされてしまうので、必ず自動同期は解除しておきましょう。

まずはiTunesを無料ダウンロードする
https://www.apple.com/jp/itunes/download/


iTunesの使い方【アップデート】

iTunesアップデート

基本的に、iTunesを開いた時に「最新版がありますアップデートをしますか?」といった表示がされます。

この時に手順に従い最新バージョンへアップデートを完了すればなんら問題はありません。

ですが、ついついやりたい事があってアップデートを後回しにすることもありますよね。(私はよくやります)

そんな時は、急ぎでなければまた開いた時に案内があるのでそのタイミングでアップデートをするのも良いですし、自分でアップデートをすることも出来ます

Macの場合

1)iTunes を開く
2)コンピュータの画面上部に表示されるメニューバーから「iTunes」>「アップデートを確認」を選択。
3)画面の指示に従って、最新バージョンをインストール。

Windowsの場合

1)iTunes を開く
2)iTunes画面の上部にあるメニューバーから、「ヘルプ」>「更新プログラムを確認」の順に選択。
3)画面の指示に従って、最新バージョンをインストール。

最新バージョンの場合は、「最新バージョンです」といった案内があるのでOKを押して終了してください。

まとめ

iTunes(アイチューンズ)は無料でカンタンにダウンロード出来ますが、はじめてダウンロードする人にとっては未知の領域ですよね。

ですが、

・iTunesのダウンロードサイト(アップルのサイト)からダウンロード
・特に名前などの登録は不要!
・メールが不要ならEメールアドレスも不要!

と難なくダウンロードできます。

あとは、最初の設定で「自動同期をしない」設定にしておけば勝手に上書きされる心配もありません。

お手持ちのデバイスと同期するには最初にUSBケーブルが必要になるのでお手元に用意しておきましょう!

まだダウンロードしていない人は早速ダウンロードしてみてください。
https://www.apple.com/jp/itunes/download/

>>iPhone7のケースがゾクゾク登場!⇒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする